不動産の査定について(車の買取査定とは違います!!)の画像

不動産の査定について(車の買取査定とは違います!!)

不動産事情

久賀田 康太

筆者 久賀田 康太

不動産キャリア10年

学生時代はサッカーに打ち込みました。現在はゴルフです。
いかに練習に行かずに平均スコアを80台前半に落ち着くよう、
イメージトレーニングを中心に頑張っています。

車の買取査定とは違います


「不動産」を査定してもらう際の考え方を解説します。

ちなみに、例えば「車」の査定を、一括査定した際の、車屋さんからの査定金額はその車屋さんの「買取金額」です。その金額で買ってくれる可能性が高いですよね。
(昨今の車業界のトラブルで、買取査定は高かったのに、いざお店に持っていくと難癖をつけて低く買い取られたという事例があるようですが…)

しかし、不動産の査定金額は、だいたいの場合「成約予想価格」です。
査定を出した会社がその金額で買い取る訳ではありません。
ですので、不動産一括査定等で査定金額を出してもらうと思いますが、
あくまで「売りに出せばそのぐらいの金額で買手が見つかるかもしれませんよ?」
いう金額です。

査定額が複数の不動産会社でバラバラだったときどうする?


一括査定サイトに限らず、複数の不動産会社に査定をしてもらうと必ずと言っていいほど各社の査定価格にバラつきが生じます。
このような場合、一体何を基準にすれば良いのでしょうか?

査定に資格は要らない


不動産会社は具体的にどうやって査定価格を出しているのでしょうか?
実は、ほとんどの不動産会社では必要事項を入力するだけで査定価格を自動計算するシステムを導入しており、誰でも簡単に査定ができるようになっているのです。
このシステムがあるおかげで、不動産業界未経験の入社したての新人でも査定ができてしまうのです。
不動産の有名な国家資格として、「宅地建物取引士」や「不動産鑑定士」などがありますが、不動産の査定にこれらの国家資格は必要ありません。

不動産会社ごとに導入している不動産査定システムは違いますが、査定価格を求めるプロセスや計算式はほとんど類似しています。
これは裏を返すと、どの不動産会社に査定を依頼しても、本来は査定価格の大幅なバラつきは発生しにくいということになります。

高すぎない?低すぎない?は要注意

例えば、不動産会社5社に査定の依頼をして、5社とも全て同じ査定価格が出るというのはまず無いでしょう。相場価格が5,000万円のマンションであれば、通常4,500万円~5,500万円程度の範囲で査定価格が出てくることになります。ましてや、戸建の査定となりますと、各会社により査定金額にかなりのバラつきが出ます。なぜなら、このような平均査定価格と乖離した査定価格は往々にして、「虚偽の高額査定」「おとり査定」か「調査ミス」の可能性があるからです。
虚偽の高額査定やおとり査定については先程ご紹介した通りです。

もう一方の「調査ミス」とは、不動産の価値に直接影響する建築基準法や都市計画法といった法規制などに関する調査を不動産会社が見誤ってしまっているケースです。

特に戸建てや土地の調査は注意が必要で、例えば、建築基準法には建物を建築できる条件として「幅4m以上の道路に土地が2m以上接していなければならない」という条項があります。もし、この条件を満たしていなければ、その不動産は「再建築不可物件」となってしまい、相場価格より大幅に価格がダウンしてしまいます(今建っている建物を老朽化のために取壊したり、火災で消失した際などに、再度建物を建てることができないから)。この建築基準法の再建築条件は初歩的な調査の1つですが、残念ながらプロである不動産会社でも見落としてしまうことがあります。

ただし、マンションであれば、土地や戸建てのような調査ミスは起こりにくいので、平均査定価格より乖離した査定を受けたときは、媒介契約を取るための「おとり査定」の可能性が高いと言えます。
売主様はどなたも、「安く」言われるより「高く」言われる方が気分は良いですよね?
そこに付け込んであえて「高く」金額お伝えする方が会社が多い気がします。(あくまで客観的な感覚です)
いずれにしろ、平均査定価格より高額な査定があったときは、簡単に鵜呑みにせず査定の信憑性を確かめることが大切です。


●北摂の不動産エージェント●

不動産仲介・不動産買取(借地権付・底地含む)・査定・無料相談

弊社(株)KN不動産は豊中 不動産 売却・購入の仲介を中心に安心・安全な取引を心掛け、

仲介手数料 無料~半額でのサービスにて徹底的にお客様のために営業いたします。

不動産に関するご相談は【(株)KN不動産】へお気軽にご相談ください。


-----------------------------------

久賀田 康太/くがた こうた

株式会社KN不動産 代表取締役

関西大学 法学部卒

宅地建物取引士

某警備会社で勤務後

大手不動産仲介会社に転職。

居住用~収益、農地等

あらゆる取引を経験後、独立。

-----------------------------------







”不動産事情”おすすめ記事

  • 限定チラシのカラクリの画像

    限定チラシのカラクリ

    不動産事情

  • 瑕疵担保免責特約を採用していたが瑕疵を売主の責任とされた事例の画像

    瑕疵担保免責特約を採用していたが瑕疵を売主の責任とされた事例

    不動産事情

  • 不動産会社はなぜ「水曜日」が休みなの?の画像

    不動産会社はなぜ「水曜日」が休みなの?

    不動産事情

  • 「旗竿地」ってどうなの?の画像

    「旗竿地」ってどうなの?

    不動産事情

  • 土地の地盤についての画像

    土地の地盤について

    不動産事情

  • 不動産の「権利証」が無い場合、不動産を売ることができないのですか?の画像

    不動産の「権利証」が無い場合、不動産を売ることができないのですか?

    不動産事情

もっと見る