公簿面積と実測面積が全然違う??の画像

公簿面積と実測面積が全然違う??

体験談

そんなに違うの?


6年前に取引をさせていただいた件です。

レインズに載っていた物件を、その当時やりとりしていたお客様へ紹介させていただき、
購入されることになりました。

その時の売却担当の仲介会社(確か藤井寺の会社)は、
現状のままでの取引を望んでいました。
購入検討者様も、「それで良いですよ」と仰っていましたが、
さすがに仮測量はしておいた方が良いですよとお伝えし、
購入検討者様負担で仮測量をしました。

そもそも、明らかにレインズで出ている土地の面積より、実際は大きく感じました。

すると、公簿(法務局に備わっている登記の面積)と、
仮測量の面積の誤差はなんと「100㎡以上」でした。

この現象の原因は、
1873年頃の地租改正まで遡ります。

池田法務局にてヒアリングしたところ、
その昔、土地の大きさは「自己申告制」だったそうです。
その申告した土地の大きさから納税する金額を算出していたそうです。

地租改正の詳細はここでは控えますが、
明治政府の施策で、税収を確実なものとするために、
地租改正という施策を実施しようとしましたが、
世論的に反発が必至だったようで、
少しでも暴動を起こさせないよう「自己申告制」をとったようです。
あえて自分の土地を「小さく」申告することにより、
税金を少なくするよう考えていたようです。
今も昔も、税金逃れの考え方は変わっていません(汗)

その当時の大きさのまま、その土地は登記を変更されることなく来たのだなぁと、
歴史を感じる出来事でした。

●北摂の不動産エージェント●
不動産仲介・不動産買取(借地権付・底地含む)・査定・無料相談
弊社(株)KN不動産は豊中 不動産 売却・購入の仲介を中心に安心・安全な取引を心掛け、
仲介手数料 無料~半額でのサービスにて徹底的にお客様のために営業いたします。
不動産に関するご相談は【(株)KN不動産】へお気軽にご相談ください。

-----------------------------------
久賀田 康太/くがた こうた
株式会社KN不動産 代表取締役
関西大学 法学部卒
宅地建物取引士
某警備会社で勤務後
大手不動産仲介会社に転職。
居住用~収益、農地等
あらゆる取引を経験後、独立。
-----------------------------------


”体験談”おすすめ記事

  • 不動産売却 成功体験 その①の画像

    不動産売却 成功体験 その①

    体験談

もっと見る