「小林一三」という偉人の画像

「小林一三」という偉人

地域

阪急電鉄創始者 小林一三


小林 一三は1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は、
阪急電鉄をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者です。
弊社は阪急宝塚線「服部天神」駅が最寄りですので、阪急電車はとても身近な交通機関です。
それ創設した方、「小林一三」について記載していきます。

生誕


小林一三は、明治六年、山梨県北巨摩郡韮崎町に生まれました。
「小林一三」という名前は誕生日が1月3日だった事から来ているとのことです。
小林家は富農で、農業だけでなく、酒造や生糸などを手広く商っていたという。
資源も金もない日本を、一流の工業国、貿易国にした先人たちの偉業は尊敬に値するのは、
間違いありません。
とはいえ、その「偉業」が輸入品であり、コピーであり、模倣品だったという事もまた、
否定できないでしょう。
そんな中で、只一人、世界的にも類例のない、独創的な経営者と、
正面から呼ぶことが出来るのが小林一三だと思います。
現在、鉄道のターミナルと百貨店を結合するのは、ごく当たり前の事。
今日では一般化したこのモデルを世界ではじめて創始したのが、小林一三だと言われています。
小林一三はさらに、沿線にサラリーマン向け住宅を建てて分譲しました。

とにかく便利で環境の良い暮らし方


小林一三が、鉄道の開業と共に展開した様々な事業は、
私鉄経営のビジネスモデルの創造として語られることが多いですが、
目指したのは、便利で環境の良い住宅に暮らし、
デパートで買い物をしたり、観劇を楽しんだり、
ゆとりある生活をする、現代に繋がる理想のライフスタイルの創造でした。
そして、いろいろな偶然と時代背景の融合が、今の阪急グループに繋がっています。

学生時代


学生時代は文学青年で劇通。
そして銀行勤めのサラリーマンから、
のちに「宝塚歌劇」を作り出し、自ら脚本を書くことにもなる小林一三は若い頃から文学青年でした。
慶応義塾で勉学に勤しむ傍ら、塾寮の機関誌の主筆を務めたり、
ある事件を題材にした小説「練絲痕」を書き、
郷里の新聞に連載されるなどして活躍していました。
また、寄宿舎に近い麻布に芝居町があったことから、
芝居に興味を持ちはじめたのも学生時代だったと言います。

慶應義塾大学~三井銀行就職


明治二十一年二月、一三は、上京し慶応義塾に入学し、
当時、塾監の任にあった益田英次の家に下宿した。
慶応在学中、小林一三は演劇と文学に耽溺したようです。
坪内逍遙が『小説神髄』を発表し、尾崎紅葉、山田美妙、二葉亭四迷、幸田露伴ら、
明治文壇を担う豪傑たちが澎湃として登場しました。
なお悪い事に、一三の慶応における保証人であった高橋義雄(箒庵)は、
書肆金港堂と懇意で、
みずからO・ヘンリーの翻訳を手がけていた。
保証人が先を切って文学の道を歩んでいるのだから、一三が勇みたつのは必然でした。
高橋は、時事新報の記者になった後、三井銀行に入った。
一三は文学への志を捨てがたく、当時、文芸新聞として名を馳せていた都新聞の記者を目指したそうですが、同社の内紛により果たせず、結局、高橋の斡旋で三井銀行に勤める事になりました。

三井銀行退職 35歳


34歳まで勤め、東京本店調査課主任にまで昇進しました。
日露戦争終結後、三井物産の飯田義一や、
かつての上司で北浜銀行(三菱東京UFJ銀行の前身のひとつ)を設立した岩下清周に誘われ、
大阪で岩下が設立を計画する証券会社の支配人になるために、三井銀行を退職、
1907年(明治40年)、大阪へ赴任。
しかし、恐慌に見舞われ証券会社設立の話は立ち消えとなり、妻子を抱えて早速完全失業してしまいました。
証券会社設立を構想した岩下は関西では切れ者として通っていて、周囲の人は疲れてしまいました。
そんなわけで証券会社構想は挫折します。三井銀行を辞めている小林は困りました。
そんな小林に声をかけたのが三井物産の飯田義一でした。

箕面有馬鉄道軌道の設立


飯田は三井物産の大重役。箕面有馬鉄道軌道の設立を、小林に頼んできました。
鉄道事業など全く持って経験がありませんでした。
しかし、小林はこれを引き受けることにしました。これは小林一三の一大転機になります。
経済恐慌による紆余曲折があったものの、
新しい鉄道会社「箕面有馬電気軌道」(現在の阪急電鉄)の「生みの親」役を託された小林一三。
しかし、阪神電車などのようにすでに発展している都市間を結ぶ鉄道と違って、
梅田から農村地帯を経由して紅葉(箕面)や温泉(有馬)の観光名所を結ぶ路線ということで、
「遊覧電車では利用者が少ないのではないか?」など、
誰もが鉄道開業に対して消極的でした。

パンフレット「最も有望なる電車」


そんな周りの考えを覆すアイデアを思いついたのは、
小林一三が池田と梅田の間の予定線を実際に歩いたとき。
牧歌的な風景を見ながら、「こんな良いところに、どうして大阪の人間は住みたがらないのか?」と、
当時、人口増加が著しかった大阪市内の狭い住居の暮らしと比べ合わせ、
「郊外に住宅地を新たに作り、その居住者を市内へ電車で運ぶ」という、
その後の私鉄経営の基礎となる考えに至ったのです。
さらに、出資者に事業を売り込むために、事業展開を説明するパンフレット「最も有望なる電車」を作ったのは、文学青年の一三らしいアイデアで、当時としては珍しかったそうです。

日本の不動産開発モデル


実は小林一三は田園都市線、東横線、目黒線、大井町線、池上線などを運営する東京急行電鉄の元となる、田園都市株式会社の経営者でもありました。
東武鉄道や西武鉄道なども、全て阪急電鉄を倣ったもの。
日本の不動産開発モデルは小林一三によって創られたものだったのです。

この様に小林一三モデルには非常に優れた側面がありますが、
このモデルが始まったのは1910年(明治43年)と現在から100年以上も前。
そこから現在日本も大きな変化がありました。
これまでは、ひたすら「新しい家を建てる」戦略でやってきましたが、
2000年代になると、もはや都市部には湾岸部などを除き、建物を建てる土地が無くなり始めました。
こうなると僅かに残された土地を各不動産会社が競争して買うようになり、
土地の仕入れ値が上がり過ぎたことで、新築物件は一般の方々に手の届かないものになってきたのです。

「住宅ローン」構想


鉄道の建設と同時に進められた沿線の宅地開発。
しかし、明治時代の頃はサラリーマンなどが住宅を購入するための住宅ローンの制度が無く、
小林一三も銀行員時代は社宅や借家住まいでした。
画期的だった「分割販売」(現在の住宅ローン)の手法を住宅に適用し、
何十年もかけて住宅を一般人が買える様にしたのです。
そんな、持ち家が資産家など一部の層に限られていた時代に、
「頭金として売値の2割、残りを10年間月賦で払い込むと住宅の所有権を移転させる」という、
土地・住宅を担保とした現在の住宅ローンの走りとも言える住宅販売方法を提案して、
サラリーマン層などの多くの人たちが、マイホームを持って豊かに暮らす機会を作り上げたのでした。
また、新しい住宅地に用意する家屋にもこだわり、
土地の豊かな郊外らしく、長屋ではなく100坪もの広い区画の一戸建て。
さらに郊外では石油ランプでの生活も珍しくなかった時代に電灯の設備も用意し、
場所・家屋ともに豊かな暮らしを提案したのでした。
この方法は見事に功を奏し、
初回の池田室町住宅は売り出してほどなく完売。
続いて、桜井・豊中などにも理想の沿線住宅地を増やし、
鉄道の利用者も増やしていったのでした。

宝塚歌劇構想


宝塚歌劇は、今や日本のみならず海外にもファンの多いエンタテインメントとなり、
2014年(平成26年)には100周年も迎えました。
何世代にもわたって愛される宝塚歌劇の誕生のきっかけは、
意外にも他の事業の失敗からでした。
小林一三は、行楽客による鉄道の利用者増を狙って、
宝塚に「宝塚新温泉」というレジャー施設を開設します。
その中に屋内プールを開設したのですが、
「屋内プールの水は温水にしないといけないことを知らなかった」
「時代的に男女一緒には入れない・見学できない」という要因が重なり、
事業としてはすぐに失敗となってしまいます。
無用の長物となってしまったプールを眺めながら、
思いついた次の一手は「芝居小屋」としての再利用。
プールの浴槽と見物席を客席に、脱衣所のあった場所を舞台に仕立て上げたのです。
さらに、舞台でお客様を引き付ける最適な出し物を考え、
世間で話題になっていた少年音楽隊にヒントを得て、
「少女だともっと可愛い公演になるのでは?」とひらめいた瞬間が、
宝塚歌劇の誕生の瞬間だったのかもしれません。
それでも1914年(大正3年)4月の初演時には、
「宝塚少女歌劇」の舞台公演のみでは集客力は弱いと考えていた一三でしたが、
初日の様子が新聞で好意的に紹介され、世間に広く知られることになり、
初演は毎日"大入満員"という好調なスタートを切ったのでした。
その後も小林一三や制作・指導に携わる人たち、そして少女たちの熱い思いで興行は成長。
「この楽しい演劇を一人でも多くの人に観てもらいたい」と思った一三は、
宝塚に4,000人を収容する(旧)宝塚大劇場を完成させ、
さらに東京、海外へと進出していくのでした。

百貨店構想


神戸本線が開業し、大きなターミナル駅となった梅田駅(現在の大阪梅田駅)。
毎日12~13万人のお客様が利用するその場所に百貨店を開業してはどうか?という構想を
小林一三は抱き始めました。
当時の百貨店と言えば、呉服屋発祥のものが多く、
またその場所も駅から離れた場所にあり、
車による無料送迎サービスなどでお客様を迎え入れていました。
それなら「駅に百貨店があれば、送迎の必要もなく、もっと気軽に使ってもらえるのでは?」と考えた一三ですが、駅直結の百貨店も、鉄道会社が百貨店を運営することも、
日本はおろか世界に前例が無く、
さらには、一三自身に百貨店経営の経験がありませんでした。
そこで、東京で百貨店を経営し、関西への進出を進めていた「白木屋」との思惑・タイミングが合致したことから、当時の梅田駅ビルの1階を貸して、日用品や雑貨の販売をしてもらい、
需要動向を観察すると共に、経営形態の実地を学ぶことにしました。
「白木屋」の出店は成功を収め、契約満了の機会に合わせ、
いよいよ阪急直営の百貨店「阪急マーケット」として展開するのですが、
そこで小林一三が目指したのは「よい品を安く売る」。
しかし、何でもかんでも薄利多売をしたのでは、
周辺の小売店の経営へ大きな影響が出てしまうことも考慮し、
百貨店が価格面で競争する場合は「自分の手で、自分の工夫で、自分の設備で製造した商品に限るべき」という方針を持って百貨店経営を進めていったのでした。
その後、1929年(昭和4年)に地上8階・地下2階という巨大な(旧)梅田阪急ビルを建設。
「阪急百貨店」の名を冠し、現代の歴史へと繋がっていったのでした。

まとめ


小林一三は電力事業や製罐、製鋼、化学産業にも関わっています。
映画、演劇といったソフトから、重工業にいたる、事業のレパートリーの広さは、やはり脱帽です。
第二次近衛内閣の商工大臣、幣原内閣の国務大臣兼復興院総裁として、二度、閣僚として務めました。

小林一三の略歴を見てきましたが、
その当時では思う使いない発想はもちろん、
それを実行可能にする重要人物との出会い、
その出会いに真摯に向き合った結果により、
ここまでの阪急グループになたのだなぁと感銘を受けます。

●北摂の不動産エージェント●
不動産仲介・不動産買取(借地権付・底地含む)・査定・無料相談
弊社(株)KN不動産は豊中 不動産 売却・購入の仲介を中心に安心・安全な取引を心掛け、
仲介手数料 無料~半額でのサービスにて徹底的にお客様のために営業いたします。
不動産に関するご相談は【(株)KN不動産】へお気軽にご相談ください。

-----------------------------------
久賀田 康太/くがた こうた
株式会社KN不動産 代表取締役
関西大学 法学部卒
宅地建物取引士
某警備会社で勤務後
大手不動産仲介会社に転職。
居住用~収益、農地等
あらゆる取引を経験後、独立。
-----------------------------------

”地域”おすすめ記事

  • 「北摂」って大阪のどこ?の画像

    「北摂」って大阪のどこ?

    地域

  • 阪急宝塚線「服部天神」駅前 広場整備事業の画像

    阪急宝塚線「服部天神」駅前 広場整備事業

    地域

もっと見る