新設住宅着工戸数、23年は3年ぶりに減少の画像

新設住宅着工戸数、23年は3年ぶりに減少

最近のニュース

新設住宅着工戸数、23年は3年ぶりに減少


国土交通省は1月31日、
2023通年および同年12月の建築着工統計を公表しました。
豊中市の新築戸建現場においては、
レインズ上では平均100戸程の物件が常時売り物件が出ています。
スーモを含めるとより多くの物件が出ています。
同年の新設住宅着工戸数は81万9,623戸(前年比4.6%減)となり、
3年ぶりに減少に転じたようです。
新設住宅着工床面積は6,417万8,000平方メートル(同7.0%減)で、2年連続で減少しました。
利用目的関係別では、
持家が22万4,352戸(同11.4%減)と2年連続で2桁減となりました。
貸家は34万3,894戸(同0.3%減)で3年ぶりに減少。
分譲住宅は24万6,299戸(同3.6%減)で3年ぶりに減少しました。
分譲住宅のうちマンションは10万7,879戸(同0.3%減)、
一戸建住宅は13万7,286戸(同6.0%減)でした。
三大都市圏では、首都圏が総数29万3,837戸(同2.5%減)。
内訳は持家4万7,613戸(同13.6%減)、貸家13万2,125戸(同0.2%減)、
分譲11万3,079戸(同0.4%増)。中部圏は総数9万2,874戸(同7.0%減)、
持家3万3,727戸(同10.1%減)、貸家3万2,329戸(同2.6%減)、分譲2万6,265戸(同8.1%減)。
近畿圏は総数13万2,807戸(同3.5%減)、持家2万9,279戸(同10.0%減)、
貸家5万9,336戸(同1.3%減)、分譲4万3,473戸(同0.6%減)。
また、12月単月の新設住宅着工戸数は6万4,586戸(前年同月比4.0%減)と、
7ヵ月連続の減少。新設住宅着工床面積は501万8,000平方メートル(同5.8%減)となり、
11ヵ月連続で減少した。季節調整済み年率換算値は81万4,000戸(前月比3.1%増)でした。
利用関係別では、持家が1万7,031戸(前年同月比13.8%減)となり、
25ヵ月連続で前年同月を下回りました。貸家は2万5,869戸(同3.6%減)で5ヵ月連続減少。
分譲は2万1,320戸(同5.5%増)で、7ヵ月ぶりに増加しました。
このうちマンションは9,722戸(同19.8%増)、一戸建住宅は1万1,470戸(同4.2%減)と、14ヵ月連続での減少となりました。
三大都市圏別では、首都圏が総数2万4,332戸(同3.2%増)、中部圏7,093戸(同10.7%減)、近畿圏は1万205戸(同7.1%減)。

●北摂の不動産エージェント●
不動産仲介・不動産買取(借地権付・底地含む)・査定・無料相談
弊社(株)KN不動産は豊中 不動産 売却・購入の仲介を中心に安心・安全な取引を心掛け、
仲介手数料 無料~半額でのサービスにて徹底的にお客様のために営業いたします。
不動産に関するご相談は【(株)KN不動産】へお気軽にご相談ください。

-----------------------------------
久賀田 康太/くがた こうた
株式会社KN不動産 代表取締役
関西大学 法学部卒
宅地建物取引士
某警備会社で勤務後
大手不動産仲介会社に転職。
居住用~収益、農地等
あらゆる取引を経験後、独立。
-----------------------------------



”最近のニュース”おすすめ記事

  • フラット35悪用し詐欺容疑 ローン最大手アルヒ代理店元社員ら逮捕の画像

    フラット35悪用し詐欺容疑 ローン最大手アルヒ代理店元社員ら逮捕

    最近のニュース

  • ショッピングモールの「ゾンビ化」 アメリカ・欧米の画像

    ショッピングモールの「ゾンビ化」 アメリカ・欧米

    最近のニュース

  • 積水ハウス㈱がアメリカ住宅メーカーを買収の画像

    積水ハウス㈱がアメリカ住宅メーカーを買収

    最近のニュース

  • 地震についての画像

    地震について

    最近のニュース

  • 津波についての画像

    津波について

    最近のニュース

  • 液状化現象ってなに?の画像

    液状化現象ってなに?

    最近のニュース

もっと見る